3大ED治療薬|3つの薬の硬さや効果を比較

勃起不全は男性の性生活をゆるがす一大事といっても過言ではありません。
勃起不全の治療でよく使用されるのが、3大ED治療薬です。

バイアグラ、レビトラ、シアリスが主なED治療薬として多くの男性に飲まれていますが、服用後の男性器の堅さは異なるのでしょうか。

バイアグラ

バイアグラは服用してから30分ほどで効果が出始め、1時間でピークを迎えます。
効果は長くても6時間程度ですが、持続時間が短い分、硬さが出やすいとされています。

バイアグラで注意したい点としては、少しの刺激でも勃起が起こりやすいということです。
勃起してはまずい場面でも刺激が加わると、意図に反して勃起してしまうことがあります。

レビトラ

レビトラは3大ED治療薬の中で最も硬さが出る薬として知られており、レビトラを飲めばリンゴと同じくらいの硬さになると言われています。
服用後15分程度で効果が出始め、45分ほどでピークを迎えます。

持続時間はバイアグラと同じ6時間くらいですが、特徴的なのが射精までの時間が長くなりやすいという点です。
そのため、勃起不全だけでなく早漏にも効くとされています。

シアリス

シアリスは先の2つの薬とは違い、ゆっくり効いて長く続くのが特徴的です。
効果が出るのは飲んでから1~2時間後で、最大36時間まで続くとされています。

男性器は他の2つの薬に比べるとそれほど硬くならず、自然な感じの硬さが出ると思っておけばよいでしょう。

これらのED治療薬を飲んだ時の男性器は、硬い順にレビトラ>バイアグラ>シアリスとなります。
とにかく硬くしたい!というのであればレビトラ、違和感をなくして自然に勃起しているように見せたい場合はシアリスが良いでしょう。