ED治療薬の種類と効果

 

EDは勃起障害のことをいいますが、勃起が全く起こらないケースだけではなく、中折れのような勃起状態を維持することができなかったり、十分な硬さが得られないなど、満足できる性交渉ができない場合には、勃起障害として治療の対象となります。
勃起障害の原因のほとんどは、血管の老化などが関係しているといわれていますから、治療薬を用いて初期段階で治療を行うことで、自身を取り戻すことが可能です。

バイアグラの効果

ED治療薬の中でももっとも認知度の高い薬が、バイアグラです。
バイアグラは、もっとも歴史のあるED治療薬で、クエン酸シルデナフィルを有効成分として含有されています。
シルデナフィルというのは、狭心症の治療薬として研究されていたものですが、臨床試験時に陰茎の勃起を促進する効果が認められたため、勃起障害の治療薬として開発・発売されるようになりました。
日本国内でバイアグラを購入する場合には、医療機関を通じて医師に処方してもらうか、個人輸入で購入する方法がありますが、気をつけないといけないことは、偽薬も数多く出回っているため、効果を十分得られないものもありますし、安全性が保証できないものもありますから、医師を通じて購入するようにしましょう。

バイアグラのジェネリックに関しては、カマグラゴールドが一番人気でしょう。通販サイトでもよく上位にあるのを目にします。

レビトラの効果

レビトラは、バルデナフィルという有効成分によって、最低5時間前後効果を持続させることができます。
バイアグラの場合は食事の影響をうけやすいというデメリットがありますが、レビトラの場合は、よほど脂っこい食事でない限り、効果に影響はほとんどないというメリットがあります。

レビトラのジェネリックではバリフが王道ですね。ただ、現在はレビトラが特許を取り直そうとしていて、バリフの製造が止まっているとのことなので、販売数量がどんどん減ってきている状況だと思います。

シアリスの効果

日本では、勃起障害の治療薬というと、バイアグラがもっとも有名で認知度も高い薬ですが、シアリスはもっとも新しい治療薬で、発売以来世界100カ国以上で使用され、現在では世界中でもっとも売れているED治療薬となっています。
シアリスに含まれている有効成分は、タダラフィルで、PDE-5という酵素の働きを阻害することができるため、正常な勃起をサポートすることができます。
タダラフィルがバイアグラなどと大きく異なる特徴として、持続時間の長さにあります。
バイアグラやレビトラが5~8時間ほどの持続時間に対して、シアリスは最大36時間程度となっており、食事による影響もほとんど受けませんから、服用のタイミングに悩むこともありません。

シアリスのジェネリックに関してはタダシップが有名ですが、他にもメガリスやタダライズなどを通販サイトでよく見かけますね。

ED治療薬は、それぞれメリットやデメリットがあり、飲むのに最適なタイミングも異なりますから、きちんと用法・用量を守って服用するようにしましょう。